FXトレード手法の判断材料

fxトレード手法にはさまざまな方法が存在しています。 自分自身でいいと思っている方法は人それぞれですし、他の人が実行している方法を真似してみたら、非常に快適だったということがあります。 そのため、トレードをおこなうときに判断材料としているものも人それぞれ異なってきます。 ここではどんな判断材料があるのかについてご紹介いたします。 具体的に判断材料として、ご自分の第六勘を信じるなどの方法を除き、大きく2つに分かれています。 ・テクニカル分析 過去の値動きなどがチャートとして存在しており、そのデータを参考にして値動きの予測をおこなっておくことで、取り引きのための判断材料とするものです。 判断材料のチャートとして、ローソク足や移動平行線、ストキャスティクス等があります。 中には複数のチャートを組み合わせて判断材料とし、トレードをおこなっている人も多いのです。 ・ファンダメンタル分析 国家における経済活動や政治状況などを判断材料として分析をおこなう方法です。 雇用統計やGDP、日銀短観など、各国の状況において判断材料が異なります。 ファンダメンタル分析の中には選挙によって与党が変わったなどのポイントもあります。 流動的な要因もありますが、基本的には分析をおこなう材料の出る日は決まっています。 人によっては両方を組み合わせてトレードしている人も少なくありませんが、ファンダメンタルの結果が出てくる時間帯を見計らって実行している人もいるでしょう。 ただ混んでいる時間なので接続に時間がかかる可能性もありますので、十分注意をしておきましょう。